• トップ /
  • 家探しでの分譲住宅という選択肢

賃貸以外の家探しの選択肢

現在住んでいる環境への不満や勤務先への交通の不便さなどから、違う地域への転居を検討する場合、まずは賃貸での家探しから始める人も多いでしょう。ただ、賃貸物件の中で家探しを行う場合、ご自分やご家族の希望にそった物件が見つかるとは限りません。賃貸で家探しをいろいろ行ったけど、間取りなどについて自分の条件にマッチした物件があまりない場合には、いっそ、一戸建ての家の購入もおすすめです。特に、その地域にこれから長い間住む予定である方におすすめ。賃貸物件を借りて毎月家賃を支払うぐらいなら、ローンを組んで一戸建てを購入する方がいろいろとメリットを享受できます。ただし、一戸建ての購入は住宅ローンを組むとしても、頭金などで大きな初期費用がかかるのがネックです。中古住宅を購入するという手もありますが、どうしても新しい家に住みたい、という希望がある方は分譲住宅での家探しがおすすめです。分譲住宅は、土地の分譲前に家を先に建築し、土地と住宅を一緒に売り出すもので、建売住宅とも呼ばれます。分譲時にすでに家ができていることから、注文住宅のように間取りなどを自分で自由に変更することはできません。その反面、分譲住宅では、注文住宅と比べて、同じグレードの建物でも価格がかなり抑えられるのがメリットです。

家探しの情報

↑PAGE TOP